35歳からのオトナ留学

35歳でNY留学を決め、日常のあれこれを書いていきます

日本で転職活動開始。

selective focus photography of table and chairs

 

日本に帰国して、少し休暇を楽しんで、さていよいよ転職活動。


正直海外でJ1ビザを使ってまたアメリカで働くか、日本で再就職するか悩みながら帰国していました。既にNYで何社かJ1ビザ斡旋業者とも話したり、サイトを色々見て実際会社にアプライしたり面接を受けたけどその時はご縁がなく落ちてしまったり。

折角英語を学んできたけど半年で帰国したからネイティブレベルで話せるわけでもない。ビジネスレベルもちょっと怪しいくらいw でも確実に経験にはなったから、海外で契約社員的なポジションで期間限定で働いて更に英語力を伸ばすか、年齢を考えて日本で就職先を探すか。

色々悩んだ結果、日本の住みやすさがやはり勝り、日本で再就職先を探すことに。

 

私は都市銀行、IT大手企業で2社経験していて、最後はマネージャーにもなっていたので経歴的にはそこそこ箔が付いてる方だと思います。NYへ留学を決めて退職決意した際、挨拶回りした時には一部の人に「なんで辞めんの!?勿体無い!」とか「え?今35でしょ??帰国したらどうすんの。。」とか結構不安を煽られたりしましたw

そりゃあ一般的にはこのまま大手の会社で結構良い給料で良いポジションまでついてるんだからしがみついた方が得策なのかもしれません。でも、そんなものを失くしてでも留学は大いに意味があった経験と財産になりました。

 

そんな思いを背負いながら、帰国後1ヶ月してから本格的に再就職活動をスタート。
私は、長年広告関連の営業畑で仕事してきたので、キーワードでいわゆる広告・セールス分野に属するわけですが、人事、特に採用領域でのキャリアチェンジをしたいと思っていました。

 

35歳超えてのキャリアチェンジ。

 

これが想像以上にキツイ厳しい現実に直面するのです。

 

まず、外資系で就職を念頭に置いていたのでLinkedInでサーチしていました。
ところが、JDを見ているとどこも人事経験3年以上や5年以上など未経験はどこも募集していないことを知りました。

私は採用は数回経験があり、育成もしていたこともあるのですが、メイン業務ではなかったので未経験に属してしまいます。いわゆるリクルーター職を希望して色々探していたのですが、応募できるところがない。。。

それで次にエージェントを片っ端から使うことにしました。

元々現職の時に市場価値の確認と転職も踏まえて外資系エージェントには数人知り合いがいたので直接連絡したり、LInkedInでステータスを求職中に変えるとソッコーで色々なところから連絡がきました。(外資系行きたいならLinkedInは必須だと思います)

でも、キャリアチェンジをしたいと話した途端、みなさん見事に黙りますw

露骨に難しいとはっきり言われました。なんならエージェント会社で働かないかと誘われる始末でした。そりゃセールスやってたし採用学ぶならうってつけなのはわかります。

更に、リクルートキャリア、エンジャパンなどの国内大手人材紹介会社にも登録しまくりました。しかしそこでもかなり厳しい結果が。

エンジャパンさんには
「前の会社に戻るのが一番です。その歳でキャリアチェンジはあり得ないです」

と言われました・・・

 

前の会社に戻る気ならとっくに行動してるし、そんな気ないから転職先を探してるわけで。

でも相当厳しいのだと真っ向から言われ続け、意気消沈していたら、リクルートキャリアの担当から、「確かに厳しいですが応募できる会社は数社ありますよ!」と言われて心が躍りました

個人的にリクルートなんて超が付くほど大手だし、データ量がすごいから登録しただけでぞんざいに扱われるのだろうと思っていましたが、担当してくれた方はプロでした。

電話面談前に私の経歴書をしっかり読み込んでたし、強みを確認してくれていました。
話し方も穏やかでなんもストレスがない対応。

あ、この人プロだなと実感しました。さすがリクルートと思い直しましたw

 

その人を頼りにいくつか応募してみたり、あとはエンがやってるミドルの転職というサイトも活用してましたが、6社ぐらい応募して結果は全部書類選考で落ちました。

理由は、

・組織構成上合わないから ➡︎年齢のこと
・既に経験者が見つかったから

が圧倒的でした。

 

ここまで厳しいのかと愕然としました。

 

正直、自分のキャリアには少しは自信を持ってました。なぜなら同時期にセールス職としては、Google、Facebook、マッキンゼーなどからも声がかかっていたからです。
更に意を決して留学もして経験を積んだわけで、まさか書類で落とされるなんて予想もしていませんでした。

Googleはリクルーターとしては第1志望だったので途中まで受けてたのですが、やはり組織上未経験は今いらないからセールス職で受けてくれと再度募集要項を提示されたので諦めたのです。特に人事としてはGoogleは最高の職場だと思いました。あそこまで人事制度を徹底して追求している会社は他にないと思ったからです。それ以外でも素晴らしいけど!

 

キャリアチェンジしたいと一歩踏み出した途端この結果です。

 

これが35歳限界説。留学した末路か。。セールスで探さなきゃ行くあてがないのか。。

でもキャリアチェンジしたい。今まで培ってきた経験を絶対活かせる場所があるはず。

 

だったら自分でまた探そうとビズリーチを使うことに。
元々以前興味があって登録していたので、再度使う形で開けたらちょうどキャンペーンか何かで10日間だけプレミアム会員で使えるようになっていました。

 

結論、これがきっかけで私は最高の会社を見つけ、入社することができました。

 

ビズリーチ推ししたいわけではありませんw

諦めずに挑戦するべきと言いたいのです!