35歳からのオトナ留学

35歳でNY留学を決め、日常のあれこれを書いていきます

留学先でのオカネ事情 渡米前に私が激しく後悔したこと

Money

留学先でのオカネ事情 渡米前に私が激しく後悔したこと

 

[:contents]

 

 

 

現地では勿論外貨での精算になるわけなのですが、大量に現金を持っていくのも心配ですよね。

 現地での主な支払い方法

現地での支払い方法といえば、

  • キャッシュ(現地通貨)
  • クレジットカード
  • 海外プリペイドカード

などが挙げられます。

海外プリペイドカードとは、デビッドカードみたいなもので日本で口座開設しそれを海外でデビッドカードとして使えたり、ATMで現地通貨を引き出せたりできる便利カード。中にはTpointも貯められるものもあります。

 

 

急に現金が必要になったりしてもすぐ引き出せるし、元々口座に入っている分だけ使えるので使い過ぎる事がなく安心ですね。

Credit Card Issuers

クレジットカードはもはや当たり前なのですが、日本と大きく違うのは国際ブランドの流通率。私は直前まで何も考えていなかったのでここで激しく後悔することに。。

 

国際7大ブランドといえば

  • VISA
  • マスターカード
  • JCB(日本)
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • ディスカバー
  • 銀聯カード(中国)

世界ではVISAがシェア約58%、マスターが26%と言われておりJCBに至っては1%…

つまりVISAかマスターカードは必須で持っていく必要があるとも言えます。

私はよく国内でもクレジットカードは利用しますがなぜかマスターは1枚も持っておらずでした。。

クレジットカードは還元率が大事!

私が国内でよく使う楽天カードはポイント還元率が非常に高く、お買い物するだけでこんな感じ。

f:id:ymkbymk:20180828080228j:image

9年で39万円分、1年あたり4.3万円もポイント貯まってせっせと使ってるわけですね。去年まで夫の家族カード分(勿論ポイントは私へ)も使っていたのでだいぶ貯まりました。

昔からヘビーユーザーですし、普段ローソンでは楽天ペイを使ってポイントで買ったりもしています。ポイントで日用品等がタダで買えるわけだから絶対お得ですよね。

しかしブランドがJCBだったため、利用範囲の広いマスターカードに切り替えしたほうがいいと思い調べたら、なんとできない!!!

一度解約して再度発行手続しないといけない事が判明。。

渡米まで3週間を切った私にとって、再度発行なんてしてたら今の支払い分が終わるまで待たなきゃいけない上に公共料金の引き落とし等登録していたのを全て切り替えないといけません。不覚。

いつも使うカードでブランドが複数持てたら最高なのに…と色々調べたら、最初に楽天カードをVISAで発行しておくとなんと2枚持ちが可能なのです!

これは使わない手はない!なのに私は最初から楽天プレミアムカードのJCBにしてしまったために対象外。。

これから楽天カードを作る方や、VISAの楽天カードを持っている人でマスターカードも欲しい人はぜひ!

 

ちなみにJCBはハワイやアジア等日本人がよく利用する国であれば比較的使えるお店が多いのが特徴です。アメリカ本土においても、DISCOVERと提携しているので全く使えないわけではないと友人から聞いています。

 

しかもクレジットカードは海外キャッシングとしても使えるしお得!

キャッシング…?と思う人いますよね。私も国内では一切使わないし使いたくありませんw 借金するみたいでとても嫌いだからです。でも海外では実はとても利用されていて、国内では使わない人も海外なら利用する人が多いのです。

 

なぜなら両替するよりはるかにお得だから。

 

例えば、10万円を両替しようとすると、

海外両替だと、手数料3,000円から4,000円程

プリペイドカードだと、大体手数料4%(4,000円)程+ATM手数料200円程

クレカだと、年利18%なので金利約1,500円+ATM手数料200円程

なので、現金が必要になったらクレカで海外ATMからキャッシングするのがおすすめです!ポイント還元率を考えれば、クレカをショッピングでも利用し、キャッシングでも利用するのが一番お得と考えられます。

 

特に海外ATM手数料が無料になるカードもあり、普段から使っているカードで海外で利用すれば、現地にいる時にネットで買い物する際貯まったポイントを使えたり、帰国後にポイント利用ができるので普段の生活に適したカードを使うことをお勧めします。

 

なので、現金を少々持っていくこと、クレジットカードは1枚がVISA もう1枚のサブカードはマスターカード、あとはAMEX、JCBなどご自身がよく使うカードを持っていくと良いと思います!